3回目の実測は、左にシフトすると考えられ、合う方向です。

(実際にどうなるか検証が必要です)

 

Oリングでも、この特性(へたり)を考慮した解析が必要な時があります。