ひずみエネルギー密度関数 様々な表現式

1)Neo-Hookeanモデル


$$W=C_{10}(I_1-3)$$

 

 

 

 

2)Mooney-Rivlin

$$W= C_{10}(I_1-3)\\+C_{01}(I_2-3)$$

 

3)Mooney高次式

$$W=C_{10}(I_1-3)+C_{01}(I_2-3)\\+C_{11}(I_1-3)(I_2+3)\\+C_{20}(I_1-3)^2+C_{30}(I_1-3)^3$$

 

4)Ogden

$$W=\sum_{i=1}^n \frac{μ_i}{α_i}(λ_1^{α_i}+λ_2^{α_i}+λ_3^{α_i}-1)$$

 

Mooneyの3次式での同定を推奨しています。Ogden式も対応します。